『健康管理士・
健康管理能力検定1級』は
健康で輝く未来を創ります!!

6つのポイント

  • 病気・栄養・ストレス・運動 等 健康管理に必要な知識を体系的に学習可能!
  • 教材は、厚生労働大臣指定の通信講座なので、安心して学べる!
  • 個人はもちろん多くの企業・医療福祉施設・学校教育に導入!
  • 健康関連資格では歴史(28年)・実績(70,000人以上) No.1!
  • 学会でも資格取得後の行動変容のエビデンスが発表!!
  • 資格取得後のアフターフォロー体制が充実!

健康管理士・健康管理能力検定1級とは

生活習慣病の増加に伴い医療費が伸び続ける現代社会において、健康管理・予防医学の知識と意識の普及は益々必要不可欠になっています。
「健康管理士・健康管理能力検定1級」資格は、28年前から認定を開始し、すでに70,000名以上の資格者が、「健康社会の実現」のため、さまざまな分野で活躍する“健康管理のスペシャリスト”です。
活躍の場は多く、多くの企業、団体、医療・福祉分野 等でも職員研修に採用されており、また、全国で約50の学校教育にも採用されております。
また、今注目の集まる「食育活動」の現場でも多くの資格者が食育講師として活躍されています。
病気・栄養・ストレス・運動・環境 等、健康管理の知識を体系的に学習する、最新の情報を網羅した教材は厚生労働大臣指定講座ですので、安心して学習いただけます。
健康で輝く未来を創るために、健康管理・予防医学の知識を学びましょう!

「健康管理士一般指導員」、「健康管理能力検定1級」は別資格です。同一試験で受験できますが、合格基準が異なりますのでご注意下さい。

資格取得のメリット

健康管理に関する正しい知識を取得することで、様々なメリットや資格の活かし方が広がります。

お仕事のために

  • ・心と体の両面から総合的な健康管理の指導やアドバイスができる
  • ・お客様との信頼関係・コミュニケーションに活用できる
  • ・病院、福祉施設などで健康指導ができる

ご自分・大切な家族・地域のために

  • ・健康管理の正しい知識を身に付けることができる
  • ・あなたの大切な人々の健康を守るお手伝いができる
  • ・今注目の食育、介護予防にも通じる資格
  • ・定年退職後のセカンドライフのために

資格取得の充実サポート

  • ・各地で開催されるさまざまなセミナー・勉強会に参加可能
  • ・生涯学習として、2か月に一度「ほすぴ」による健康最新情報が届きます
  • ・『単位』を重ねて上級資格も目指せる
  • ・『ポイント』をためてオリジナルグッズに交換できる

資格取得後の行動変容

~ 埼玉医科大学 総合心療内科 ・
廣岡伸隆 准教授との共同研究 ~

~ 埼玉医科大学 総合心療内科 ・
廣岡伸隆 准教授との共同研究 ~

研究の概要

「予防医療」の研究に長年携わっていらっしゃる埼玉医科大学総合心療内科・廣岡伸隆准教授と当協会との共同研究として、健康管理士の資格者を対象としたアンケート調査「健康管理士の健康意識や生活習慣と生きがいの行動変容調査」を実施しました(有効回答数4,290名)。

研究で明らかになったこと

「健康管理士」資格の取得、体系的な「健康知識」の習得により、

  • 食生活、運動、睡眠・休養の生活習慣において大きな行動変容が起きた
  • アドバイスの機会が増え、信頼度も高まった

「健康管理士」資格取得者は、ヘルスリテラシー※1高い

「健康管理士」資格取得者は、健康日本21※2のほとんどの目標を達成している

  1. 1 ヘルスリテラシー
    健康に関連する情報を探し出し、理解して、意思決定に活用し、適切な健康行動につなげる能力のこと
  2. 2 健康日本21
    厚生労働省が推進する「21世紀における国民健康づくり運動」のこと。健康寿命の延伸などを目的として、さまざまな健康分野で目標値が設定され、全国の自治体や関係機関、マスメディアなどとの連携を図りながら展開している

①著しく良くなった ②概ね良くなった 
③変化なし(普通) ④少し悪くなった 
⑤著しく悪くなった

①著しく(増えた、高まった、満足)
②概ね(増えた、高まった、満足)
③変化なし(普通)
④少し(減った、低くなった、不満)
⑤著しく(減った、低くなった、不満)

研究結果が権威ある学会や論文で発表されました

●North American Primary Care Research Group
Annual Meeting にて学会発表
 【 予防医療の分野では最も権威のある国際学会】
 ~2019年11月、カナダ・トロントにて開催~

●第21回 日本病院総合診療医学会学術総会
~2020年9月開催~
 廣岡伸隆 准教授による発表が、
『学会・会長賞』を受賞しました!

●Asia Pacific Journal of Public Health に論文発表
 【 アジア環太平洋における公衆衛生分野の権威ある雑誌】
 ~2021年4月掲載~

当協会では、今後も詳細な調査を実施し、資格の地位向上のために様々なエビデンスを集めて皆様にフィードバックしていく予定です。

説明会日程 資料請求 受講申込